陰山式 スコーラ 考える子どもを育てる塾 陰山英男監修塾 スコーラ

お電話受付(平日10:00~17:00)

スコーラとは

学習時間より集中する時間が重要

勉強とは脳を効果的に使うトレーニングです。スポーツにおけるトレーニングと同じで、方法が正しくないと、学力は高まるどころか、かえって落ちてきます。

大切なのは集中を最大限にまで高めること。特に低学年の学習では、30分程度の学習をする子は1時間勉強する子に比べ学力が高く、2時間勉強する子とほぼ同じ学力になります。

ただ、学習時間を増やすだけでは集中力を下げ、学力を落とすことにつながりかねないのです。

知能指数は短期間で急上昇する。

一般的に生まれつき変わらないと思われている知能指数ですが、適切な方法によれば短期間に上げることが可能です。

山口県の山陽小野田市で調査したところ、9カ月間の生活習慣の改善と読み書き計算の反復学習の指導で三千人あまりの子どもの知能指数が9ポイント上がり、算数の成績も偏差値で4.5ポイント上がりました。

基礎学習の強化は思考力分野も伸ばす

読み書き計算の徹底反復は基礎トレーニングです。しかし、各種テストにより、基礎学習の強化により、伸びるのは単純記憶だけでなく、思考力分野でもあるのです。

一般的に基礎の徹底ができたところで、思考力には結びつかないといった意見が出されます。しかし、陰山学級の学力データを見てみると計算の力以上に数量関係など、思考力を必要とする分野の成績が際立って高いことがわかります。

スポーツに例えれば、ファインプレーは徹底した基礎基本の習得に上に出てくると言われます。それと同じように、基礎基本の完全なる習熟は、高い思考力の土台となるのです。

陰山メソッドの成果

スコーラの土台である陰山メソッドが生まれた朝来市立山口小学校では、国公立大学の医学部や、東大、京大への進学者が続出しました。また、近年においては福岡県飯塚市など、地域や学校ごと取り入れた学校も出てきており、実績として、成績の上位下位にかかわらずほとんどの子どもの学力向上が確認され、今ではすべての小学校の成績が全国平均を上回るようになりました。

中には厳しい状態から地域のモデル校になるまで伸びた学校もあります。そういったノウハウをつかい、また進化させながら学力の向上をはかります。

監修者 陰山英男のご紹介

兵庫の天空の城「竹田城」が見える朝来市立山口小学校。ここで十年以上にわたって基礎基本の徹底反復の指導がなされた結果、子どもが何人も毎年国立医学部や東大、京大、阪大などに合格し奇跡と言われた。その様子はNHKのクローズアップ現代でも紹介され、現在の百ます計算ブームの火付けとなった。その中心だったのが陰山英男。その後陰山は尾道市立土堂小学校に全国初の公募校長に就任。そして中央教育審議会の委員や第一次安部内閣の教育再生会議の委員を務め、現在は立命館大学教授として各地の指導を行っている。 近著、「陰山式ぜったい成績が上がる学習法」や「徹底反復百ます計算」などの陰山メソッド書籍ドリルは日本や海外も合わせて累計で一千数百万部に達している。

「子どもは無限に育つ」
陰山ラボホームページはこちら
陰山式スコーラ 監修陰山英男