陰山式 スコーラ 考える子どもを育てる塾 陰山英男監修塾 スコーラ

京都教室

2018-07-16夏期講習のお知らせ

夏休みに各学年の1年分の学習内容を一気にやってしまう夏期講習を実施します。お問合せ、お申し込みはお早めに。お申し込みは「お問合せ」画面からお願いいたします。定員になり次第、締め切りとさせていただきます。皆様のご参加をお待…続きを読む

京都教室のコース紹介Kyoto courses

音読指導

本の黙読でも脳は働きますが、音読をすると左右の脳のより多くの場所が働きます。さらに、前頭前野は音読のスピードが速ければ速いほどたくさん働くこともわかっています。

スコーラでは、しっかりとした発声で、より速く正確に音読するよう指導し、脳を活性化させます。また、論語、古文、漢文、小説や詩など様々な文学作品を扱うことで、豊かな表現・語彙を自然に習得し、情報を処理する脳力を高めます。

640x400

百ます計算

百ます計算の本当に効果的な指導を行います。百ます計算は脳を早く動かす練習です。集中状態を限界にすることで、脳力が一気に高まります。

前より早くできたという実感は学習に楽しみを見出します。

また、低学年のうちに百ます計算2分以内を達成させることで、以降の学習をスムーズに進められるようにします。

640x400

算数問題(高速計算力→高度思考問題)

計算は算数の世界の言語です。算数の学習では、まず基礎的な計算を学習し、それを高速な計算力に高めていきます。そしてその力を土台に高度な思考問題を解けるように伸ばしていきます。

640x400

国語問題(漢字力・語彙力→文章読解力・作文力)

日本語の高度な語彙は漢字や漢語で作られています。スコーラではまず一学年分の漢字を先行して覚え、そこから熟語学習を通じて語彙を増やしていきます。それを土台に高度な読解力や作文力につなげていきます。

640x400

学年基礎力(国語力・算数力→学年基礎力)

通常の学習が早く終了した場合には、タブレットを使った学習も行います。

通常の学習とタブレット学習によって、その学年で必要な基礎力をしっかりと固めます。そうすることで、学校の授業をはじめ様々な学習を進める土台となっていきます。

タブレット学習では、個人の進度によって、発展的な学習や、学年を超えた学習にも取り組んでいけます。

2013%2f06%2f19%2f16%2fgirlwithipa-a8e04